『航跡320』
 
朝、公共機関に寄る用があったのでそこの売店で買おうと思って
用事をすませて売店に下りたら、先週のモーニングが山と積んであった。
今週のは?



 
で、私今週感想あまり書きたくない感じ(笑)
ツッコミどころがそんなにないってのもあるけど。

あ、柳ちゃんが久々に登場ー。ひゅー。
よーし、今週も2冊買っちゃうぞ。多分。

で、ガ島のときもそうだったけど、不安になると喋ってないとダメなんだね、尾栗。
軍人としてどうだ、それ。

えーと、とりあえず先に嫌なこと言っておくか。

「今ならまだ」

と、尾栗を危険に晒す事を躊躇している角松ですが。
親友がちょっと危険に晒されるくらいで貴様の信念は揺らぐのか!
それはダメだよ、旦那。
今まで、角松のために命をかけてくれてた部下たちに失礼すぎるよ。
気持ちは解るし、人間的なんだね、とほのぼのする気もあるにはあるのですが。
揺るがない信念。なんとしても大和は止める!という信念で突っ走っていく人に
そんな中途半端な情は不必要なんじゃないでしょうか。

でも、三羽って本当に仲いいんだなー。
普通どんなに仲良くてもお金なんて貸し借りしないよね。
よっぽどでなければ。友だちを信用してる、してないとかじゃなく。
そういうちょっとしたエピソードが、彼らの結びつきの強さを表していて。
かいじ先生は本当にうまいな。

でも、学生時代に横浜から横須賀までタクシーって!
私ことながら、横須賀から品川までのタクシー代は夜間で3万弱でした。
ホテル泊まるって選択肢がすっぽり抜けてたんだよな。
とにかく帰らねば!と思ってたんですよ、何故か。酔っ払いって怖い。
で、彼らも酔ってたの?菊池がいたらそんな贅沢は許しそうにないですので、2人で飲んでた?

ハンドアローに関しては柳ちゃん、ありがとう。
なんか取りとめないので、また後で追記なりするかもしれませんが、とりあえず。
仲良いね、君ら。というのが今回の素直な感想でした。


---<追記:1720>---

本編があまりにもたそがれな感じだったんで書き忘れてた。
今、大和vsみらいで話が進んでるけど、事態はそんなせせこましい所で
動いてはいないのだった。
米艦隊がどう動くのか、もしもみらいが大和の足を止めたとして、その後
上陸部隊はどうなるのか。
夜が明けたら米軍は黙ってないよ。色々と。
 
[PR]
by 昌。 by aj-15 | 2007-07-19 10:30 | ジパング | TOP▲
<< 『航跡321』 |  ページトップ   | 『航跡319』 >>

ジパング感想などなど。
by 昌。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
LINK
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX