『航跡318』
 
感想予定地。
仕事と気持ちが落ち着いてから(笑)

でもひとことだけ。



皆様、林原のフラグ消滅に安心しているようですが、私あれ逆に
尾栗のフラグが立ってしまったんじゃないかと思います。


なんとなくね。
それにしても、尾栗が実に数年ぶりにいい働きを見せてくれてるのよりも先に
海鳥の姿に感動感激ヒデキ感激だった自分は正しいと誰か認めてください。
私のアイデンティティは海鳥にあり?うみどりー(泣) 
 



 
 
つまり、尾栗にフラグが立ったんだろ、あれは。

今回の話中一番よかったのが海鳥、再び。
ああ、海鳥はいいよ、海鳥は。
次いで、林原の佐竹論。
すっきりした。だって愚かですから、実際に。
海鳥を犠牲にされたからではないですよ!いや、ほんとに、ほんとに!
じゃあ、どうすれば良かったのか、という現実的な問題とはまた別で。
いくら「みらい」を助けるためだったとしても、自分を生かすというのが大前提の
場所ではあの行動は愚か以外の何者でもないと思う。
後に残される人間の事を考えたらね。
実際に彼の行動は誉められたものだし、批判すべきものではないけど
残された方の心の着地点としては愚かだと思わざるを得ない。
まあ、批判とはちょっと違うけど。
でもそう思っている事を引き出した事で、きっと林原はヘタな事をせずに
冷静でいられるパイロットなんだと判断したんでしょ、多分尾栗は。
しかも、いまだに大和の足を止める、という1点を考えている林原が嬉しい。

ついでに空中戦で草加も捕まえてこい。許す。

で、だからといって、幹部である人間が、あの状況の艦を置いて第一線に
行こうかってのはそれこそ佐竹以上に愚か以外の何ものでもないですがね。
第一尾栗が行ってしまったら、誰が角松に意見をすればいいというのか。
それこそ「みらい」は独裁体制になってしまうよ。ダメだと思うけどな、それは。
同じような愚かな行動は角松の専売特許だと思ってたましたが、所詮三羽烏か(笑)


私はストーリー上どうしてもそのエピソードが必要ならば、尾栗にフラグが立って、
しかもそれが発動しても仕方ないと思ってます。
一人の人間の命を大切にという前提のあるジパングの世界だって
誰一人犠牲を出さずに事を成すなんて、夢のような事は出来ない限り。

それが、佐竹であり、森であり、立花だったり篠原だったり榎本だったりするわけですが、
主要キャラだから絶対に大丈夫なんて、シールドを作ってほしくないからさ。
個人的な好みだけどジパングには特にね。これが沈艦だったら別ですが。

これからアメリカも動き出すし、そうしたらスプルー閣下も一筋縄ではいかないし、
特にハリーなんて第三の目が神がかってますからね。

前3週くらい読んでないのに感想書くのもどうかと思うけど、まあそんな感じで。
とりあえず草加捕獲してこい。がんばれ。
 
[PR]
by 昌。 by aj-15 | 2007-07-06 12:56 | ジパング | TOP▲
<< 『航跡319』 |  ページトップ   | しばらくコミックス派に戻ります。 >>

ジパング感想などなど。
by 昌。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
LINK
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX