『航跡307』
 
ようやく草加が動きましたか。
てわけでリハビリ投稿。



 
先週から再び読み始めたモーニング。
なので、イマイチ話の流れが掴めてませんが、とりあえず草加はみらいが
通信を妨害したことで水偵が上陸部隊の位置を掴んだと知りましたね、きっと。

で、大和に渡るのはいいとして、で?っていう(古)
大和に渡るとみせかけてみらいに渡っとく?
もう一回拾われとく?

よく分からないんですが、あの核にはそんなに威力ないと思うのですが。
あ、水中爆発?
うん。意味ないね。
威力どうこうの話じゃなくて、米に動揺を与える為の核ですから。
でもなるべくなら使わない方向で、お願いしたい。

個人的には草加のいない大和だったら角松は攻撃出来たのか、
とか結構興味あったんですけども。

今更なんですが、ジパングというのは草加と角松の物語なのだなーと、
改めて実感したりしました。
実に1巻ぶりに。
 
[PR]
by 昌。 by aj-15 | 2007-04-05 14:50 | ジパング | TOP▲
<< 『航跡308』 |  ページトップ   | 今ごろの。 >>

ジパング感想などなど。
by 昌。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
LINK
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX