『航跡297』,『航跡298』
 
ここ2週でようやく話が進みましたね。



 
なんかものごっつい砲塔と砲弾ができあがってたりしてさ。
と思ったのですが、やはりんなこたーなかった。
考えてみれば当たり前ですが。
だって、そうでも思わないと大和特攻しそうで嫌なんだもん。

史実でその精神や意識までも変革するほどの敗北感を払拭するために
草加が動いてるんだったら大和も特攻させちゃダメでしょ。
そんな陳腐な作戦、敢行したら笑ってやるんだからね!

はてな界隈をめぐってたら妙なくせがついた…。
気を取り直して。

まあ、実際にも大和特攻はなかったようなのですが。

そして今の時点ではかなりうまくいってるかに見える鴻上部隊。
高瀬が戻ってきたことにより何か一波乱ありそうですね。
今はどっちに転ぶにしても、双方痛いことにならないように見守りたい感じです。
映画をスクリーンで観てる気分。とても。

それにね、大野艦長もそんな甘くないよ?
だって昭和35年まで生き残らないといけないんだから(笑)

サイパンも気になるところではありますが。
「みらい」が観客席から降りることで上陸部隊が…!
なんて展開はできればやめてほしいところ。
 
今、ジパングが熱いですよ。
 
[PR]
by 昌。 by aj-15 | 2007-02-01 12:24 | ジパング | TOP▲
<< カッコイイという感想だけを抱きたい。 |  ページトップ   | 『航跡296』 >>

ジパング感想などなど。
by 昌。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
LINK
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX