『航跡244』,『航跡245』
 
書く事が…ないのですよ。



 
前回あまりの話しの進んでなさに本当に書く事がなくて
感想パスしたのですが、今回は~。
怖い考えになりそうで書くのをためらわれます。

「青春の門」はお休みだし、「野球狂の詩」は終わったしで
とりあえず立ち読みですませられるほどに話しも進んでないし。

しかし、武装に非武装で立ち向かおうとは…お前はガンジーか。
「どうぞあなた方の手にしている武器を下に置いてください」
とでも言う気か。まあ、いいや。


そんな事より、草加!
私は彼が莞爾を選んだ理由を以前
「自分を使いこなせる人物ではなくて、自分が使いこなせる人物」
だからだと思ったわけですが、これはまさしくその通り?

ここで莞爾を出し抜く意味は、彼に原爆を渡さない為か。

莞爾は核があれば「最終戦争」において日本が勝者になれると考えるんじゃなかろうか。
一方草加は核を使用することで「最終戦争」を起こさない道を作ろうと思ってそう。

私はもちろん核なんぞ使ってほしくないので、今までグダグダと
いかにすればそれを使わずにすむかを考えていたわけですよ。
そりゃ、もうウランの量とか、ほんと漫画なんだからどうにでもなるよ
ってとこまで重箱の隅をつつきながら。
でも、実は核は使わざるを得ないのかな、と認めてしまいたくもあります。

サイパンで核が下ろされたことで怖い考えになるし。
今から最低な事書きますよ?

サイパン、テニアン、グァムをB-29の基点にさせるわけにはいかない。
サイパンは今から玉砕する。
ならついでにこの一帯に主な兵力を集めて原爆使っちゃえばいいじゃん。
彼らが命を落とすのは歴史通りだし。
歴史通りになるということは後だしじゃないし。
アメリカ側は戦争してるんだから仕方ないし。
それにより最小の義性で、ヒロシマ・ナガサキの十数万だか、二十数万だか
出るはずの犠牲者も救われるし、サイパンつぶしとけば本土決戦もないだろうし、
未来の情報をえさに早期講和に持っていける隙も生まれるかもしれない。
これで文句ないだろ。って言ってやれ草加(いや、それはどうかと思うが)


ところで、タラワ・マキンはどうなってんだ。
それからサイパンが舞台になりそうなんで対潜の鬼に期待してます。
[PR]
by 昌。 by aj-15 | 2005-12-01 20:47 | ジパング | TOP▲
<< 『航跡246』 |  ページトップ   | 『航跡243』 >>

ジパング感想などなど。
by 昌。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
LINK
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX