『航跡248』 『航跡249』
 
なんだ、その清々しい顔は!
 
事の如何によっては糾弾したい気もしますので、今しばらく傍観(笑)
ですが、ようやく今になって『航跡248』の感想を書く気になれました。

東条英機がね。
ただの悪者になってなくて一安心です。
あとは石原莞爾とトムとジェリーみたいな喧嘩させてやってください。
(激しく間違えた認識)



 
昨日書いた「清々しい顔」に物議を醸してしまいました。
すみません。

いえ、私がきちんと読みきれてなかっただけです。
一日おいてみて、斜め読みでなく画面を追ったらなんか少し落ち着きました。
 
   
 
だって、草加、多分菊池の事信じてないもん(笑)
そして、きっと菊池もそれを解っていそうな気がします。

奪還するだけなら35名でぎりぎりだろうけど、
運用するとなれば60名は欲しいところ。

ですので、あながちウソ一辺倒とも思えないあの場面の菊池の意図が
ちょっと読めなくて混乱しちゃったんですよね。
時代の息吹に触れたのなら、なおの事無条件降伏は回避したくなる
と思うんだけどな。
でも、それとは全然別次元で「みらい」を使わせたくないと
思っている可能性もあるのかな。と。

元々、「みらい」のクルーを守るというのがあるのならば
奪還してほしいと思うのは当然のことでした。

でも、きっと菊池は帝国に属するつもりですよね。
それで清々しい顔ならば納得もできます。

いや、そうであって欲しい。という個人的希望。
もう今度ミサイルのボタンを押すことがあるならば、
震えない砲雷長だといいなと。


と、248ですが。

歴史を前倒しにして、色々画策してるのにどうして学徒出陣する
必要があるんだ。
戦局の悪化に伴って仕方なく行われたものが出てくるって、
結局、なにも変わってないんじゃないのか、それ。

「みらい」どうこう言ってる場合じゃないよ、草加。
てかですね、原爆に力を注ぐよりも伊四〇〇型潜水艦に力を
注いで欲しかった(笑)
まあ、今更だけど。
実用性?そんなのどうとでもなります。大丈夫!
[PR]
by 昌。 by aj-15 | 2006-01-12 20:41 | ジパング | TOP▲
<< 『航跡250』 |  ページトップ   | 『航跡247』 >>

ジパング感想などなど。
by 昌。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
LINK
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX