『航跡250』
 
出たよ、B-29。
こいつ可愛くないから苦手なんだ。
だって、4発機なんだもん、4発機可愛くない!



 
草加、もう「みらい」はほっとけばいいのに。
どうせ取り返されたところで、補給はできない、食糧もないじゃ
何もできないでしょう。

如月が擬装文書出すって言ったって、いつまでも続けられるわけじゃなし。
擬装文書が成立する要素は、以前草加がやったように
“どこから誰が出してるのか分からない状況”だと思うので、
如月中尉さえ押さえればカンタンに絶たれるような綱渡り状況じゃ、ねぇ。

しかも、「みらい」はあくまでも神の「盾」であって「槍」ではないし。
よく考えなくても単艦じゃかわいそうなんだよ、イージスって。
全力出し切れないから。
それでも、あそこまでやって来れたのは、菊池がCICに居たからで、
その菊池さえ押さえておけば、攻撃力は大幅ダウン。

第一角松、原爆を使用するという歴史を許さないために、そこに
組み込まれてしまっている一兵卒満載の艦船などに攻撃できますか?
草加にすら弾丸を発射できないのに無理でしょう、あのガンジーには。
それをやったら、感心するけど。
むしろ大好きになってやる!


て、わけで戦闘能力を使わない戦闘艦に必死になるよりも
先に本土空襲をさせない為の行動に尽力しようよー。

終戦工作は、きっと勝手に米内・井上コンビが動いてくれるでしょ。
あと数ヶ月もすりゃ。
お膳立てが調ったら滝にがんばってもらえばいいよ。

…米内といえば、ジパング内における彼の立場がよく分からない。
この時期って全然表舞台に出てこないので尚更。
どうとでも描けるぞ、気を付けろ草加。

結局、日本に原爆が落ちました。
歴史は変わりませんでした。
で、米内さんが「原爆の投下は天佑だった」とか言って
海が俯瞰で映って「完」だったらどうしよう。
しかも、「第一部完」とかだったらもっと嫌だ。
って、無いから、大丈夫だから。


既にジパングの感想じゃありませんね。
えーと、えーと。
仕事をしている尾栗はやっぱりカッコイイと思います。
集団を率いるのはお手の物だろう(笑)
[PR]
by 昌。 by aj-15 | 2006-01-19 20:40 | ジパング | TOP▲
<< 『航跡251』 |  ページトップ   | 『航跡248』 『航跡249』 >>

ジパング感想などなど。
by 昌。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
LINK
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX