ちょっと長いお話。(読まなくてもまったく支障なし)

自分が莫迦だってことを思い知ったよ。



 そうだよな、使用しない兵器が威嚇になどなるわけがないんだよ。

つまり、あいつら原爆手に入れたら使う気なんだ…

草加は仕方ないとしよう。
私たち以上に知識としてしか原爆の恐ろしさを知らない。

でも菊池は違うでしょう。
戦後生まれの日本人で、実際の威力は知らないにしても
その悲惨さは肌で知っているはず。
それを使おうとしている方向に、ためらいはあるにしても
進んで行こうとしているのは、角松じゃなくたって許せないよ。

私は、原爆投下目標地点を故郷に持ち
(色々な偶然が重なってギリギリで落とされなかった)
幼い頃から繰り返し「平和学習」などを受け、
親が比較的歳とってますので戦争の実体験などを聞き、
自分なりに解釈や勉強をして、興味を持ち育ってきたんですよ。
(興味という言い方が正しいかどうかはあれですが)


つまり何かというと、そういう世代の人間がだ、
原爆を使用するという選択肢を頭に描けることが信じられない。

まさか、私のように「あれは威嚇」と思っているわけじゃないだろう。
第一使用しない兵器が威嚇になり得るなんて思うような砲雷長だったら
そもそも任官拒否などしようとしない。


でも、他の攻撃で人を殺すのはいいかというとな。
終わらない議論に発展しそうなんであれですが。

それはまあ、方法としてはありだと、理論だけで考えると思えます。
それと原爆とがどう違うのか、と言われると非常に困るけど、
それはもう生理的なもんで、理論や感情を抜きにして考えることが
できないものが原子爆弾です。本能からくる恐怖感というか…。

まあ、所詮漫画だし、と言ってしまえば楽なんですけど、
歴史的事実を踏まえて描いているものに対して所詮とは思えない。

ここに来て、実は初めて「この漫画読むの脱落するかもよ」と
思っちゃいましたよ。
いや、角松がいる限り大丈夫か?
この人のどこまでも綺麗な理想論もどうかと思うけど、
原爆使われるよりずっとマシだい。

草加にとって、原爆は肌にまったく触れてこない知識で、
アメリカが開発、運用する事が分かっている事実。
止める術は他にないのか、と考えても早期講和目指して一番手っ取り早いのが
自分たちも「原爆を使用する」という乱暴な方法だったと。

という考えはホントによく理解できるのですが、でもなあ。

私、ジパ好き質問で共感できるのは菊池だと答えていますが、
彼がもし「原爆を使用することを前提」として草加に賛同したんだと
したらまるっと共感できません。
それは必要じゃない。他に方法があるはずだし、なんかもうその時点で
考える事を止めただけのようにしか感じない。

そうでなければ良しですが。
(こう、草加を止める術を見つける為とかさ。夢見すぎか?)

そしてここまで書いて思った。

尾栗…すげえ。
やっぱ格好いいわ、この人。

この状況を黙って静観しているなんてなかなか出来ないっ。
[PR]
by 昌。 by aj-15 | 2005-08-11 20:32 | ジパング@その他 | TOP▲
<< DVD Vol.8 |  ページトップ   | 夏休み終了ー。 >>

ジパング感想などなど。
by 昌。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
LINK
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX